コレステロールについて知る

まずはじめにコレステロールの基礎知識

コレステロールと聞いて、皆さんはまず何を思い浮かべるでしょうか。食べ過ぎ、肥満、動脈硬化、メタボリックシンドロームなど、生活習慣病が浮かんでくる方が多いのではないでしょうか。あまり良いイメージではないですね。

コレステロールについては、実はまだ全てが解明されているわけではありません。日ごろ私たちが目にするところでは、血液検査でしょうか。検査結果にHDL(善玉コレステロール)、LDL(悪玉コレステロール)、中性脂肪の項目があります。

以前は総コレステロールとして一つにまとめられていましたが現在はHDLとLDLのそれぞれの数値を出すところが増えています。数値に一喜一憂している方も多いのではないでしょうか。

コレステロールは病気を起こす原因そのものではなく、人間が生きていく上で必要な要素なのです。つまりコレステロールがゼロでは人間は生きていくことができないのです。ではどのような働きがあるのでしょうか。体内の細胞を作ったり、ホルモンの原料となったり、栄養素の消化吸収を助けたりします。実は人の体には欠かせない成分なのです。

体が必要とするコレステロールの量は、1日に1000~2000mgで、主に肝臓でつくられます。よく高カロリー食品を食べたり、外部からコレステロールが取り込まれるように考えられがちですが、食品から摂取されるコレステロールは、300~500mgと体内で生成される量とくらべるとずっと少ないのです。

ただし、食べ過ぎ、運動不足、コレステロールの摂取過剰で、体内が高コレステロール状態になると、肥満や生活習慣病を引き起こします。ですからコレステロールを下げることが推奨されていますが、逆に低コレステロール状態がつづくと(体内にコレステロールが少ないと、)ガンになりやすく、寿命が短くなるという最近の研究結果もでています。

このように、普段よく耳にするコレステロールについて正しい知識を知ることは、私たちの健康維持に役に立つことでしょう。

Copyright (C) コレステロールのこわい話 All Rights Reserved